期間工の歩み

現役マツダ期間工のブログ 期間工の情報、日常、給与明細、投資の成功失敗体験、など色々書いていきます

期間工を楽しんでみる

どうも管理人です。先日帰省したさい改めて自分の考え方を見つめなおした事がありました。そんな感じの記事です。それではどうぞ。

 

期間工を楽しむ

f:id:fujii419:20190312181902j:image

毎日満員の通勤バスに揺られ、大きな会社の工場の誰にでもできる作業をしていると自分を失いそうで正直こわい。誰にでも一度は輝いていた過去があり大なり小なり人に必要とされるその実感を感じたことはあると思う。

 

管理人は結婚もしていない。まあ聞くまでもなく彼女もいない。まあ今は彼女を作ることよりまず自分が幸せになる事に集中していきたい。それだけじゃなくモテないだけだろうが!!って読んでくれている方の声や周りの声は軽くスルーしていきたい笑

 

人生山あり谷ありとはよく言った言葉だ。多分今は我慢の時なんだろうなーとかよくぼんやり考えたりする。今まで我慢が足りなかったといえば思いあたる節しかない気もする。

 

多分期間工の人には頑張っている理由は様々で、多種多様だ。結婚している人もいれば、バックパッカーだっている。そんな人達はやはり期間工の中でも目標が明確で眩しく思う事がある。自分は周りにどう見えているんだろうか。

f:id:fujii419:20190312182149j:image

先日帰省した際、友達の店のオープンを祝いに行った。他にも用事があった為少しオープンしてから少したった夜の9時くらいに始まったばかりの居酒屋についた。既にめでたく席は一杯で空いているテーブルもない。僕の名前を呼ぶ声がした。いつも遊んでいた悪友とも言える友達だ。僕が期間工になって1年、子供が出来た奴、仕事を辞めた奴、そして主役の居酒屋をオープンした奴。皆んな変わらず、そして今の自分には少し羨ましく思えたのも正直なところだ。

 

話をしていると、不思議な事を言われた。期間工や投資、このブログなどをしている自分が眩しく見えるというか行動しているのが羨ましいと、、、管理人からしたら全くの謎だ。自分の毎日の生活などNHKのドキュメンタリーでも見ているかのごとく笑いなどない。そんな自分が羨ましい?

 

昔から自分は思い立ったらすぐに行動するタイプでもないし、どちらかといえば悩んで、考えてから行動するタイプだ。しかし誰かに相談することは滅多にないし、自分で決断はしたい。だから周りから見たら悩まずにすぐ行動するタイプに見えているみたいだ。

 

人の見方は様々だ。やはり無い物ねだりで隣の畑は良く見えるもんだ仕事でもましてや友達でも。まあ愚痴なんかも言いたくはないしその方が自分にもプレッシャーを与えれるから丁度いい。いつまでも羨ましいく思われる人間でいたいしね。まあ今の自分はまだまだですが。

f:id:fujii419:20190312182406j:image

友達と会うと昔話やもう30代に差し掛かったおっさん達でも夢や目標について語り合える。県外に出ていると尚更新鮮でやる気をもらえたりもする。最後は皆んなベロベロで懐かしの昔の曲を合唱。絵に描いたようなおっさんだ笑 歳はとりたくないもんだが中々これが楽しかったりする。

 

成功しようが失敗しようが友達。

 

皆んな精一杯自分の人生を楽しむ

 

昔日記に書いていた思い出になる様な

 

笑いの絶えない毎日にする為に

 

今の自分の仕事に誇れるものなど正直ないかもしれない。しかしありきたりな言葉だか、仲間ってやつや家族ってやつは僕の誇るべき財産だと改めて気づけた。

f:id:fujii419:20190312182612j:image

そして今いる広島でももっとやれる事はあると気づいた。毎日工場と寮の往復。そんな中に少しでも楽しむって心を忘れなければ次第と道は見えてくるような気がしてます。全くぼんやりして訳わからないかもだけど。今までもそうやって笑ってきた。期間工になったからって、全てを否定して、マイナスに考えても意味はない。毎日を少しでも笑っていけるように人を羨まず、腐らず頑張っていきたいと改めて思えた。友達には本当に感謝だ。それがホント大事だったりするんだよなぁ。

 

うんまたまとまらない文章でごめんなさい笑 最後まで見てくれた方僕の自己満ノスタルジーにお付き合い下さりありがとうございます。まあ笑って前向いて腐らず頑張ろうぜって事。たまに枯れてもいいけど、根っこは腐らずってやつです。早く帰りたいけど今は我慢、そして広島でももう少し頑張って色々してみようと思いました(╹◡╹)期間工を楽しむ方法の記事でも書いてみようかなと自分の為にも笑 それじゃあまた

 

応援お願いします(╹◡╹)


期間工ランキング