期間工の歩み

現役マツダ期間工のブログ 期間工の情報、日常、給与明細、投資の成功失敗体験、など色々書いていきます

カルロスゴーン保釈、爆破予告事件 日産今後の見通し

どうも管理人です。検査員問題を皮切りに何かと話題に事欠かなくなっている日産自動車。1つ1つおさらいして期間工の仕事、投資などにも影響が出そうなこれからについて予測していきます。それではどうぞ。

 

日産ニュースから売上推移、今後の見通し

f:id:fujii419:20190306221345j:image

日産前会長カルロスゴーン氏保釈 

f:id:fujii419:20190306221337j:image

日産の会長を含む仏ルノー社、三菱自動車の会長等を兼任してきたカルロスゴーンが逮捕されたのは、昨年11月の末の事だ。

金銭をめぐる不正行為を行ったとして、東京地検特捜部が金融商品取引法違反容疑で逮捕したと発表した。ゴーン氏は2011年から約50億円を過少に報告していたと言われている。さらには、ブラジルやレバノン、パリ、アムステルダムの高級住宅を会社に購入させ家族と利用するといった、「会社の私物化」の疑いもあるという。

なお報酬は日産から7億3500万円、三菱自動車から2億2700万円、ルノーから740万ユーロ(約9億5000万円)で、合わせて約19億1200万円だった。日産を倒産の危機から救ったカルロスゴーン氏の功績をみればその報酬は相応とする見方もできるが、不正となれば「コスト・キラー」の名前で知られることなどから、コスト削減で多大な努力をしてきた関連の中小企業、工場などからのバッシングの声も後をたたないのも不思議ではない。

尚ゴーン氏は無罪を主張し、裁判に関しては「全力で立ち向かっていく」とコメントを発表している。そして幾度の保釈請求をかいしてようやく保釈保証金10億円を納付し、保釈される事となった。工事作業員を装って職員に囲まれながら軽自動車に乗り込んだようだ。ゴーン氏の動向には今後も注目が集まりそうだ。

 

日産九州爆破予告事件

日産自動車九州に爆破予告の電話をかけて1億円を要求したとして、福岡県警は、元同社社員で無職の村上知幸容疑者(43)=同県行橋市延永=を恐喝未遂の疑いで逮捕した、と5日発表した。「現金を脅し取ろうとしたわけではない」と容疑を一部否認しているという。

村上容疑者は4日昼前、同社に電話し、「ダイナマイトを仕掛けた。1億円を用意しろ」と要求した疑いがある。同社には、1日にもダイナマイトを仕掛けたとの電話があり、同社などの従業員約4600人が避難した。

 

日産自動車の現在の売上状況、今後の見通し

f:id:fujii419:20190306223019j:image

2017年度は海外での売上が好調で販売台数が米0.7%増、欧州はマイナスの4.6%減となった。中国では大幅増の前年比12.2%増を記録。尚国内は前年比4.8%増とこちらも好調といえる。

 

2018年もなんとか「ノート」や「セレナ」の販売は好調で、2018年の登録車の販売ランキングでは、1位が「ノート」で13万6324台、「セレナ」は4位の9万9865台を記録した。

 

しかし日本では2018年新型車の発表はなく「ノート」や「セレナ」の売上も天井とディーラーなど現場からは声が聞こえていた。

海外ではどうだろうか。米国でアメリカでは「アルティマ」が2018年3月に発表され、2018年9月に発売開始された程度。中国では、「リーフ」に続く電気自動車第2弾となる「シルフィ ゼロエミッション」が2018年10月に発売された。しかし他に主力となる発表はない。海外でも同じ様な状況に変わりはない様に思えてしまう。

 

日産の発表によると通期の営業利益予想を従来の5400億円から前年同期比22%減の4500億円に減額、市場予想の最低値(4920億円)も下回った。売上高と純利益も下方修正した。主力市場の米国や中国などで販売が低迷し、通期の世界販売計画は当初見通しより32万5000台少ない560万台に引き下げた。

 

これに加えて先ほど述べた事件報道の数々、日産には逆風が吹いている事は目に見えている。

 

株価においても緩やかな上昇トレンドから現在下降トレンドとなってしまっている。

f:id:fujii419:20190306223114j:image

高配当で有名な日産株。割安感は出ているが現状のこの不安定な状況では、中々触る事自体にリスクがつきまといそうだ。

 

今後日産には、魅力的な新型車を国内外に発表し、カルロスゴーン氏のなき今、それ以上の存在感、発言力を示せるのかどうか。貿易戦争に何かと巻き込まれやすい自動車業界などの不安要素。そして20年前助けられたといえ、現在足を引っ張っている形になってしまっているルノーとの関係を良い方向に持っていけるかが肝となりそうだ。

 

この数々の荒波を乗り越える事ができるかどうかは、幸か不幸かゴーン氏が抜ける事となり新体制となることを追い風にできるかどうかだ。日本の誇る自動車企業日産自動車。今後に注目し、期待したいものだ。

まとめ

f:id:fujii419:20190306222406j:image

しかしゴーン氏の金額が全て破格すぎるのには正直びっくりしました。

そして日産九州の皆さん大変でしたね。。お疲れ様でした。こういうのは勘弁してほしいものです。。

 

日産自動車は5日に「e-POWER」搭載のコンセプトカー「IMQ」を世界に向けて公開したみたいです。

この他にも新車の発表の噂は数台あります。期待したいものですね。

 

日本を代表する自動車業界。働いていたら海外からの受注の多さにも実際驚いてしまいます。これからも世界中に日本車が沢山売れる事を期待し、期間工をしている自分達としては、仕事の選択幅やなるべく安定した契約期間の面でも是非日産には復活してほしいと願います(╹◡╹)そして日本の為にも。まあ我々は明日からも仕事を真面目に頑張りましょう←なんか違う気もしますが笑笑 それじゃあまた

 

応援お願いします(╹◡╹)


期間工ランキング